肥満症治療ガイドラインとオルリガルと黒糖の使用

健康的な和食生活ではなく洋食やファーストフードを食べる飽食の時代になり、日本でも太りすぎやメタボと診断される人が増えてきました。肥満症になると見た目やスタイルの問題だけでなく、高血圧、糖尿病、動脈硬化、心臓病やガンなどのリスクが高まり将来的に重大な病気にかかる危険があります。日本肥満学会が提案する肥満症治療ガイドラインでは肥満の治療や予防に関する情報が提供されていて、太りすぎの傾向がある人は一度目を通しておくと参考になります。

肥満症治療ガイドラインでも認められている肥満治療薬の一つは「オルリガル」です。胃や腸で脂肪を吸収する酵素「リパーゼ」の働きを抑制し、食べた脂肪分を体に吸収させずに体外へ出してしまう効果があり、体脂肪を増やさないので効果的に痩せることができます。食べる量を減らさなくてもオルリガルが脂肪に含まれる熱量をなかったことにしてくれるため、食べ物の摂取カロリーを大幅に削減して自然にダイエットにつながります。

黒糖もダイエット中に有効な食材です。黒糖はブドウ糖に近い構造なので、食べるとすぐにエネルギーに変換されてほとんど体内に蓄積されません。身体を温める成分が含まれていて、脳の活性化、疲労回復、整腸作用、虫歯の予防、肝機能の向上など様々な効能があります。ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウムなども豊富なのでダイエットや食事制限で不足しがちな栄養素を補い、バランスの取れた食事をサポートしてくれます。甘いものが食べたくなったときも白砂糖より黒糖を摂るようにすれば効果的で、ダイエットに影響しません。

健康診断でメタボと言われたり、最近太りすぎが気になっている人は肥満症治療ガイドラインを参考にして、オルリガルを服用したり黒糖などダイエットに効く食材を積極的に摂るようにしましょう。