オルリガルはあのゼニカルのジェネリック

オルリガルという薬がありますが、これはゼニカルのジェネリックとなっています。
オルリガルは摂取した食べ物の脂肪分の吸収を約30パーセントもカットすることができます。
アメリカを中心に肥満治療薬として使われていますが、食欲を抑えると言うことではなく、摂取した脂肪分をカットすることで肥満を抑えるという働きがあります。
したがってオルリガルを使ったダイエットでは普通の食事をすることができるようになっています。
ダイエットの際にはストレスからよくリバウンドをするということがありますが、このような心配はありません。
脂肪分解後の成分と結合して体の外に排出されるようになっているので、副作用が少ないという特徴があります。
副作用としては脂肪分と一緒に脂溶性ビタミンも体の外に排出してしまうと言うことがあります。
したがって脂溶性ビタミンであるビタミンAやDやEやKが不足するという可能性があります。
したがってオルリガルを服用する際には、ビタミン剤やサプリメントなどで不足した栄養を補うようにすると言うことが大切です。
またオルリガルは小腸で不要な脂肪分と結合し、体の外に排出するという働きを持っているので、服用を始めたばかりの際には軽い腹痛や下痢などの症状が見られると言うこともあります。
しかし重い症状が出るというような副作用はありません。
ゼニカルのジェネリックであるオルリガルは、日本国内では医師の処方が必要な薬となっています。
したがって使用の際には医師の指示に従い用法や用量をしっかりと守って正しく使うようにします。
個人輸入を行うという方法もありますが、この場合は医師の診察や処方箋の必要がありません。
しかし個人輸入で手に入れた薬を第三者に販売したり譲渡することは禁じられています。